就職活動で差をつける証明写真

華やかなお寿司はケータリングの人気メニュー

お寿司でパーティーイメージ 家族や親族、友人で集まって食事をするとき、お寿司を食べることが多くありませんか?お寿司屋さんで注文したり、仕出し屋さんに宅配を頼んだり、 または、みんなで楽しく手巻きずしを作ったり。お寿司があると、なぜかみんなが笑顔になります。
昔から日本ではお祭りにお寿司を作って食べる文化があります。そんな背景から、お寿司はお祝いの場に良く使われます。 お寿司は見た目にも華やかなので、立食パーティーなどのケータリングでもよく利用される人気のメニューです。
ところが、反対にお葬式や法要といった弔事の場でも、お寿司を参列者にふるまうことが多いです。 この場合は、鮮魚を使った握りではなく、海苔巻きと稲荷ずしをセットにした、いわゆる「助六寿司」がよく見受けられます。 このように日本の食文化においてお寿司はとても重要な存在なんですね。
そんなお寿司には、使用するネタや作り方によって様々な種類があります。一般的な握り寿司やちらし寿司の他にも、ちょっと考えられないようなネタを使ったお寿司や、 食べるのを躊躇してしまうような個性の強いお寿司まで、本当にバラエティに富んでいます。
このサイトでは、奥深いお寿司の世界にはまってしまった管理人が、一般的なものから風変わりな寿司まで、思いつくまま紹介していきたいと思います。 きっとお寿司が食べたくなること間違いなしです!

東京・大阪のケータリングサービスなら
ジェッカ http://jecca.jp/
センスが光るお寿司やオードブルメニューをパーティーに合わせてご提供。
ケータリングサービスだけでなく、会場の手配、企画・スケジューリングも全てお任せください。
総合受付:0120-353-700 ※東京・大阪、すべてのエリアの受付をこちらで承ります。

Contents

  • 変わった寿司ネタイメージ

    変わった寿司ネタ

    日本では各地域でその土地ならではのご当地寿司が存在します。 その中には、他の地方出身者からするとビックリするようなネタを使うお寿司があります。 このページでは、そんな珍しい、ちょっと変わった寿司ネタをいくつか紹介しようと思います。 最初は珍しいので、なかなか食べる気にならないかもしれませんが、郷に入っては郷に従え、食べてみると今まで知らなかった美味しさを体験できるかもしれません。 お寿司の奥深い魅力にはまるキッカケになるかも!?

    新安城エリアの宴会なら
    安城市の今寿司は館内リニューアルで大宴会場が完成。
    会社の送別会・忘年会や町内会の宴会、親族の法事など、あらゆるシーンでご利用ください。
    愛知県安城市東栄町 3-816-7 ※名鉄「新安城駅」徒歩8分
    フリーダイヤル:0120-078-569
  • 寿司の種類イメージ

    寿司の種類

    どうしてもお寿司というと、握りずしを真っ先に思い浮かべますが、よくよく考えるとたくさんの種類があります。 女の子のお祝いである桃の節句にはちらし寿司を食べるのが一般的です。最近では全国区になった節分に食べる恵方巻は、巻き寿司の一種。 また駅弁で有名な鱒寿司は押し寿司と呼ばれる種類に属します。 こちらも押し寿司の一種ですが奈良で有名な柿の葉寿司は四角い一口サイズのお寿司をその名の通りで柿の葉でくるんであります。 皆さんも自分では意識していなくても、たくさんの種類のお寿司を食べた経験があるはずです。

  • 巻き寿司イメージ

    巻き寿司

    握り寿司の次にメジャーなのが巻き寿司ではないでしょうか。巻き寿司の中にもいくつか種類があって、例えば一般的な巻き寿司は外側が海苔で覆われていますが、 反対に海苔が内側でシャリが前面に出ているものもあります。アメリカで人気が出たカリフォルニアロールがその代表例です。 また、シャリを菜っ葉や赤しそで色付けして、海苔や具の配置を考えて巻いた後、出来上がった巻き寿司を切ると、断面が美しい模様になっているという芸術的な巻き寿司もあります。 他にも、ちょっとしたホームパーティでたくさんの具材を用意しておいて、みんなで手巻きずしパーティーというのも巻き寿司の楽しみ方の一つですね。

  • 一般的な寿司ネタイメージ

    一般的な寿司ネタ

    いろいろなお寿司のネタや種類を紹介してきましたが、やはり一般的なお寿司のネタが人気ですし、落ち着きます。 その中でも、赤身が好き、白身が好き、貝類が好き、など好みは別れます。 実は玉子が一番好き、ガリ(ショウガの甘酢漬け)が好き、という方もいらっしゃるでしょうね。 高級なネタとしてはトロが代表的ですが、こってりしすぎて苦手、と言う人も意外と多いそうですよ。