本文へスキップ

錦鯉の寿司と聞くと錦鯉を使った寿司を思い浮かべてしまいますが。

『変わった寿司ネタ・変わり寿司』は、いろいろな寿司ネタについて、 詳しくない人にもわかりやすく、 アメリカで産まれたカリフォルニアロール、錦鯉の姿寿司、 握り寿司やちらし寿司などに関するあらゆる情報を紹介します。

会社の宴会・忘年会などで寿司屋を利用することがありますが、そこで最近よく目にするようになったのがカリフォルニアロールを代表とする変わり巻き寿司です。 美味しいことはもちろん、見た目にも華やかなので宴会やパーティーにはうってつけです。家族で行く回転寿司や、出前専門寿司店でもこのような巻き寿司メニューが増えており、人気の高さが伺えます。普通の握り寿司と違い、野菜をたっぷり使った巻き寿司系はヘルシーな印象を受けるので女性がよく好んで食べます。寿司は日本の伝統食ですが、その種類は多岐にわたり、日本人でも驚いてしまうような変わった寿司が地方によってはあります。このサイトでは一風変わった寿司の種類をみなさんにご紹介します。

新安城エリアの宴会なら
安城市の今寿司は館内リニューアルで大宴会場が完成。
会社の送別会・忘年会や町内会の宴会、親族の法事など、あらゆるシーンでご利用ください。
愛知県安城市東栄町 3-816-7 ※名鉄「新安城駅」徒歩8分
フリーダイヤル:0120-078-569

変わった寿司ネタ

寿司のネタには普通のお寿司屋さんのメニューに載ってないもの、回転寿司では 回っていないような変わったものも多くあります。 もともとシンプルな料理ですのでアレンジも簡単なため、地方独特のネタ、 寿司が海外へ輸出され現地の人々に合わせて産まれた寿司もあります。 握り寿司は新鮮な生の魚をネタに使うことが多いので、その地域によって 手に入りやすい食材を使うことがおいしいく食べることに繋がるというのが 原因にもなっているのでしょう。 長い歴史を持つお寿司は握りのネタも多く、握り以外にもチラシ寿司や 手巻き寿司、錦鯉の姿寿司などいろいろな形の寿司があるので調べてみると 面白いものもみつかります。


寿司の種類

寿司は魚をおいしく食べるための料理ですが、もともとは魚を保存させるための 手段のひとつとして使われていました。 寿司は日本でも長い歴史を持つ料理で、冷蔵庫などのなかった時代に保存食 として作られたというのが寿司の始まりだそうです。 寿司の語源であるといわれるように「すし」の「す」は、「酢」から来ていますし、 食べ物に酢を使えば腐りにくく日持ちもすることは昔から知られていたのでしょう。 魚を保存するための使われた「酢」が今の寿司を作っており、握り寿司だけでなく いろいろな形をしたお寿司にも酢は使われています。 ここでは寿司の種類について説明していきます。


巻き寿司

巻き寿司(海苔巻き)とは大きく広げた海苔の上にご飯を敷き詰めて、 その上にネタを一本の筋になるよう載せて、ネタが中心になるようにくるくると 巻いたお寿司です。 カットする前は海苔で包まれた一本の長い寿司で、金太郎飴のように中にネタが 入っています。 そこから適当な大きさに切っていきますが、どこで切っても中心にはネタが 詰まっています。 巻き寿司は太さによって太巻き寿司、中巻き寿司、細巻き寿司があり、 恵方巻きも巻き寿司になります。 中の具もいろいろあり、海外では日本にないような変わった巻き寿司もあります。


普通の寿司ネタ

新鮮な生の魚をネタとする日本のお寿司は世界的な健康食ブームもあり、 世界各国で人気となりました。 それまで日本くらいしか生魚を食べる文化はなかったのですが、寿司ブームが 広がった現在では各国で寿司=ヘルシー食品と認識され、生魚を食べることに 抵抗もなくなったようです。 寿司は日本国内でも多くの種類があり、握り寿司やちらし寿司といったポピュラー なものから、錦鯉の姿寿司やカッパ寿司のように変わった名前の寿司、 地方独特の寿司ネタなど全てを網羅するのは大変なほど存在します。 そこでここではよくある普通の寿司ネタの紹介をしていきます。


バナースペース

胡麻の郷でゴマを知る
胡麻に関するあらゆる情報を集めたゴマミュージアムや、お菓子・食品などゴマづくしのショッピングコーナーなど、楽しいごまのテーマパーク。
http://www.shinsei-ip.ne.jp/goma/